男女

思うように不動産集客ができないと悩んでいるあなたへ

専門会社に任せて快適運営

男女

自前運用で限界を感じたら

利回りの良い物件を運用しておりましても、建物のメンテナンスや入居者との対応業務など、賃貸管理には何かと苦労が絶えません。そのため不動産投資を行っている多くの方が、賃貸管理会社を活用しています。この会社と契約をすれば、物件のメンテナンスをはじめ、家賃の回収業務なども代行してくれるので便利です。また、家賃の滞納や、入居者間でトラブルがあった場合でも対応してくれるため、頼れる存在になっています。そのほかにも空き室対策を適切に行ってくれる会社が数々ありますから、それらの代行業者をパートナーとすれば、賃貸管理業務の大部分を任せることが可能です。ですから、賃貸運営を自前で行うことに限界を感じた場合は、質の高い管理会社を探してみると良いかもしれません。

選ぶ時の着目点

賃貸物件の運営を賃貸管理会社に任せることを決めた場合は、依頼先を探すことになりますが、その際は各社の管理戸数をチェックすることも有効です。管理戸数が多いということは、それだけ実績やノウハウを備えていることになりますから、1つの基準になります。しかしそれだけでは判断できない部分があるため、滞納者や空室に対するアプローチを確認して、契約先を選んだ方が良いでしょう。この2つの要素は家賃が入ってこない状況を意味しますから、この部分への対応がおろそかな場合は、収益にも直接影響が及びます。そのため賃貸管理会社を選ぶ時は、入居率はもとより、滞納率や平均的な空室期間を良く確認し、入居者の対応に充てる管理要員の人数などにも着目して検討を進めましょう。